新着情報

2017/04/22
NEW
第135回日光オリーブの里聖会は、去る4月21・22日個人伝道研究会「地の果てまで」主宰の鈴木崇巨先生をお迎えして「聖霊様のお働き」という総合題の下に開催された。聖会要約は下記の通りです。是非とも聖会のCDをお聞きすることをお勧めします。
次回の136回聖会は2017年5月19〜20日になります。
2017/03/18
第134回日光オリーブの里聖会は、去る3月17日-18日、清瀬福音自由教会牧師の岩井基雄先生をお迎えして「苦難での主の臨在と招き、そして祝福」という総合題の下に開かれた。 岩井先生は、静かな語り口調ながらも、聖書の御言葉の奥深さを力強く語って下さった。以下、岩井先生のお話の中で心に残ったことを記させていただくが、是非とも聖会CDをお聞き下さることをお勧めする。
次回の135回聖会は2017年4月21〜22日になります。
2017/02/18
第133回日光オリーブの里聖会は、去る2017年2月17日-18日、峰町キリスト教会牧師の安食弘幸先生をお迎えして開かれた。安食先生は、ヨシュア記1章1〜9節並びにルカの福音書5章1〜9節の御言葉を中心に、クリスチャンの信仰の成熟について説教をして下さった。以下、心に留まったことを記させていただくが、毎回申し上げるように、全てを網羅できるものではない。特に安食先生の場合は、ユーモアを交じえた軽妙な口調を通して大切なことが語られている。是非とも聖会CDをお買い求めいただくことをお勧めする。
次回の134回聖会は2017年3月17〜18日になります。

オリーブ日記

  • 2017年06月16, 日17日 第137回

    「主とともに歩む」
    ローマ8:18−28
    黙示録3:14−22
    「すべてを働かせて益とする神」 ローマ8:18−28

    「まいったな」という出来事(苦しみ、試練、失敗、弱さ)というパズルの一片を経験する。その中でパウロは3つのことを「知る」。そして生き抜いていく。

    1.私たちのうめき ありのままの自分、他人を受け入れるうめきがある。
    2.聖霊様のうめき 共にいて、代わって、担って助けてくださる。万事が共に働き益となる(共同)。神は召された者と共に働く(口語)。聖霊はすべてが益となるように働かれる(フランシスコ)。パズル全体を完成させてくださる。
    3.神の計画の行きつくところ 29,30「さらに…さらに…さらに」神の計画は始まっていて、ゴールがある。キリストの十字架と復活がある。

    「ともに食事をしよう」 黙示録3:14−22

    イエス様は教会から締め出されていることがある。イエス様をお迎えし、食事をしていこう。

    1.神の愛を学びなおす。0-3歳の親子関係がその後の人生に大きな影響を与える。
        クリスチャンは牧師から神の愛を学ぶ。
        人の成功、成果主義(ゴミ)を捨てて、神の愛を学びなおそう。

    2.食事をする。一緒に食事をする。食事はもてなしがあり、心を通わせ、交わりがある。
        「祈り」は4つのプロセスがある。
        1)私が話す。 2)神が聞く。 3)神が語る。 4)神の語ることを聞く。
        心の扉をひらいて、一人で食事をしないように注意しよう。
    3.買いなさい。試練、純潔、識別し神の栄光をみることを選び、買いなさい。

    藤本 満 師 インマヌエル高津キリスト教会牧師
  • 2017年5月19、日20日 第136回

    『天をみつめて』

    黙示録2:1-7
     イエス様がエペソの教会に語られた。信仰もって生きるのは大変。戦いがある。筋の通 った信仰を生きると戦いが起きてくる。誰も見てない「行い、苦労、涙、我慢、忍耐」を イエス様は知っておられる。
    初めの愛から離れてしまっていた。「初めの愛」純粋な愛、最高の愛に生きよう。弱さ 、足りなさをご存知の上で神様は愛してくださった。神様の愛を受けとり「ありがとうご ざいます、感謝します、幸せです、あなたを愛します」と生きよう。その愛から離れ、忘 れてしまっている。思い起こして立ち返ろう。勝利をえるものとして生かされよう。

    黙示録4:1-11
     教会は迫害の中にあった。これからどうなるだろうと心配な、不安な状況だった。その 中でヨハネは「天に一つの開いた門、御座、御座につくお方」を見た。世界の真の支配者 、神様がおられる。天も地もすべての生き物の賛美が響いていく。「聖なるかな」私たち をはるかに超えたお方。万物の支配者。変わることがないお方と賛美する。「栄光」を賛 美する。「ほふられた小羊」が賛美されていく。四つの生き物、二十四人の長老、何千何 万のみ使い、すべての造られたものの賛美が響きわたる。神様をあがめ、礼拝する。心を あわせ、声をあわせ神様を賛美し、礼拝していこう。

    日本ホーリネス教団東京中央教会主任牧師 錦織寛先生
  • 2017年4月21日、22日 第135回

    『聖霊様のお働き』

    テサロニケ5:19
     私たちクリスチャンはイエス様を救い主と信じた時、聖霊様を心と人生の中にいただいた(ガラテヤ3:2)。神様はイエス様によって聖霊様を豊かに注いでくださった(テトス3:6)。
     イエス様の名で祈るようになった人、イエス様を信じる人は聖霊様と生きる人になる。
     人は霊、たましい、体をもっている(1テサロニケ5:23)。神のいのちの息(霊)を吹き込まれた、霊をもった存在(創世2:7)とされた。聖書の教える「霊」を正しく知り、聖霊様を慕い求めましょう。切に求めましょう(イザヤ26:9)。聖霊様に満たされると体も反応して御霊の現れをみる(1コリント12:8−10)。
     聖霊様に導かれて信仰生活を前進しよう。

    個人伝道研究会「地の果てまで」主宰 鈴木崇巨先生

このページのトップへ